シルバーヒカリメダカ「銀河」
シルバーヒカリダルマメダカ「煌」

〇銀河



2005年にめだかの館にて作出。

シルバー体色をオスメス同色にするために4〜5年かけて作出しました。



▲唇、尾ビレ、外縁が黄色く縁どられているのが観察できる


シルバーは青パール系統のめだかより作出しています。

青は、白と黒の色素が入ったメダカです。


▲青メダカ。この品種のグアニンの輝きを強化し、見た目に青色から銀色に変化させたのがシルバー体色。


シルバー体色は、青メダカに黄色の色素が入り

頭と尾ビレが黄色に変化した品種で銀河のニックネームで一世を風靡しました。




作出時にはすでにヒカリメダカが存在したため

新種発表時に
シルバーヒカリ(銀河) 2005年
シルバーヒカリダルマ(煌) 2005年

としたため、普通種体型はすっ飛ばしてしまった形になってしまいました。
 

〇煌

シルバー体色で ヒカリダルマ体型のメダカが「煌」です。
▲「煌」シルバー体色の特徴とヒカリダルマ体型のバランスが見事な個体


2005年に、めだかの館にて作出。

飼育難易度が高いですが、マニアからも非常に人気があり

知る人ぞ知る優良品種です。



購入希望の方はこちら

(希少品種のため品薄です。どうしても欲しいという方は当店までご連絡下さい。)

グループから探す

 

コンテンツを見る

  
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
品評会開催中は発送のみお休みとなります