楊30のふるさと

めだかの館 益田FACTORY


 2006年に、固定種の育成を目的にスタートした「めだかの館益田工場」の紹介です。

 めだかの館では新種交配をメインに日々前進しています。しかし、産まれたメダカを固定していく事も大事な作業です。

 そこで当館では他の飼育スペースを借りて、新種メダカの固定、更なる新種メダカの作出を試みています。島根県益田市にある益田工場では、主にめだかの館で孵化した稚魚の育成、固定種の繁殖を行っています。大型のビニールハウス内で飼育を行っており冬季でもメダカを安全に越冬できる環境が整っているため、益田工場で飼育したメダカはとても健康な個体が育ちます。

 め
だかの館で作出し、今もなお人気のある琥珀、シルバー、楊貴妃等、色々な品種の飼育から、新種メダカの稚魚育成まで様々な品種の管理を行っています。かの有名な楊貴妃系統「楊30」の親元でもあります。益田市にお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。頑固一徹な職人がお出迎えします。

お問い合わせは

TEL 090-4894-4858(寺井)
までご連絡ください。


 
2

楊貴妃系統「楊30」

 
 
 
3 4
 
5 6

飼育場の様子



お問い合わせは
TEL 090-4894-4858(寺井)
までご連絡ください。

  • めだかの館とは
  • セット特価販売
  • 厳選メダカの現物販売
  • 全メダカ一覧
  • グループから探す

     

    コンテンツを見る

      
    2017年11月
    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930
    メダカ大図鑑好評発売中!