1、メダカを飼育前に

メダカを飼育するにはあらかじめ、そのための準備をしなければなりません。メダカにとって快適な環境を作るためには、ある程度の道具が必要となってきます。
準備しておきたいものとしては、メダカを飼う容器(水槽)、底砂、水草、餌、網(タモ)、水換え用のホース、バケツ、水温計、カルキ抜き(水道水の場合)、粗塩(病気の時に使用)、室内飼育の場合には、蛍光灯、ろ過の為のフィルターなどです。
その他にもあった方が良い物もありますが、飼育しながら徐々にそろえていくと良いでしょう。


メダカを飼う容器
メダカの飼育でよく使用する容器は、睡蓮鉢、ガラス水槽、プラスチック容器、発泡スチロールなどの容器です。水蓮鉢や発泡スチロールは外気の影響を受けにくく、水温の変化も緩やかになるので、屋外飼育に適した容器だと言えます。
メダカを横から観賞したい場合はガラス水槽が適しています。また、容器はなるべく大きなものが理想です。水が多量に入る方が、水質も悪化しにくくなり、水温の急激な変化も少なくなるからです。とはい え、大きな容器だと、それに合ったメダカの匹数を入れないと寂しいでしょうし、メダカを掬うときになかなか掬えない、掃除の時などの手間又は場所を取る等の多少のデメリットもあります。
これからメダカの飼育を始められる方は30cm程度の容器で10匹位から飼育を始めると良いと思います。    

容器に対しての飼育密度も大切です。飼育密度が高くなると、酸素不足になったり、メダカの成長、産卵に悪影響を及ぼす場合があります。メダカの入れすぎには注意してください。


◎底砂
容器の底にはなるべく底砂を敷いてください。
底砂は水槽を綺麗に演出するためだけではなく、バクテリアなどの微生物の棲み家として重要です。
底砂に繁殖したバクテリアや微生物によって、底に溜まったメダカの排泄物や餌の食べ残しなどの有機物が分解され、そのことにより水が浄化されます。
メダカの飼育でよく使われるものとして「大磯砂」「園芸用品の赤玉土」等があります。その他にも色々な種類の底床が販売されていますので、底砂が水質に与える影響を考慮したうえで、好みに合った物を選ぶとよいでしよう。

 
◎水草
水草にも水を浄化する作用がありますので、なるべく水草を入れた方が良いでしょう。また、水草は水中に酸素を補給する役割もします。そして水草によっては、メダカの良い産卵場所、隠れ場所になったりもします。
メダカの飼育でよく見られるものとして、睡蓮やホテイアオイ(ホテイ草)があります。ホテイアオイの根は紫黒く、密集して生えます。この根から水中の余分な栄養分などを吸収し、水を浄化してくれます。また、この根がメダカの産卵場所として最適です、ただし根が伸び過ぎると、メダカが根に絡まる場合がありますので、 ある程度根が伸びてきたらカットしたり、葉が水面一面に茂ってきたら株を間引いたりしてください。
その他、育成が容易なものとしてオオカナダモモ(アナカリス)があります。オオカナダモは池や川でよく見られる水草ですので採取して利用するのもよいでしよう。 ただし、自然に生えているものには、雑菌や害虫の卵などが付着している場合がありますので、よく洗ってから使用しましょう。また、購入した水草も上記のような場合もあるかもしれませんし、貝(スネール)の混入の心配もありますので、必ず洗ってから使用してください。念のため、別容器にてカルキを抜いた水の中に浮かべ、様子を見ると良いでしょう。


2、飼育水

メダカ飼育の中で大切なものと言われているのが水です。「めだかの館」では、地下水を汲み上げて使用していますが、一般家庭では水道水を使う場合がほとんどだと思います。そこで注意したいのが、カルキ(残留塩素)の問題です。水道水には殺菌のために塩素が使用されています。この水道水の中に含まれる塩素がメダカにとって毒となります。水道水の塩素を抜くには、一昼夜以上、水を汲み置きしておきます。そうすると自然に水中から塩素が抜けます。また、汲み置き水を常に貯めておけば、水温も気温と同じくらいになり、水換えをする際にも好都 合です。どうしても、すぐに水道水を使わざるをえない場合には、市販のカルキ抜き剤を使用してください。また、飼育に使う水道水、又は地下水にしても、地域によっては、PHや硬度に問題がある場合があるようなので注意が必要な場合があります。
あらかじめ、市販のPHなどを測定できる検査薬で調べておくと安心です。PHとは水中のイオン濃度の度合いを示すもので、PH7が中性、それより数値が下がると 酸性、上がるとアルカリ性となります。メダカの飼育には、弱酸性から弱アルカリ性までの範囲内で飼育することが理想です。PHは飼育環境によって変わってきます。飼育水は、飼育を続けるにつれ酸性側に傾いて来ます。あまりにもPHが低下することはメダカにとっては害になります。またPHや水温など に差がある違う水にメダカをいきなり移したりすると、PHの急変で体調を壊したりする場合があります。
そのため、メダカを購入された場合や違う水槽に移動させたりする場合には、水あわせを行ってください。小さめの容器に元々いた水と一緒にメダカを入 れ、 それを新しく入れようとする水槽にしばらく浮かべておき、水温を同じにします。そして、新しい環境の水を少しずつ入れて、ゆっくりと新しい環境に慣れさせる方法です。これをすることにより、水質や水温の急激な変化を防ぐことができます。


3、飼育場所、水温

メダカを飼育する上で日光はとても重要になります。日光に当たることにより、 丈夫なメダカに育ち、健康な状態を保つことができます。
このためなるべく日光が当たる場所に容器を置きます。その点から言うと、メダカを飼育は屋外飼育が理想だと言えます。
室内飼育もガラス水槽でいつでも好きな時にメダカを横から鑑賞できることが魅力の一つです。
しかし、室内飼育はどうしても光が不足します。光の不足はビタミンA、Dの欠乏をもたらし、メダカが病気になりやすくなる場合があります。
このため室内飼育の場合は、光を補給するという意味でも、蛍光灯の使用をオススメします。
屋外飼育の場合、夏場の暑い時期など水温が上昇しすぎる場合があります。そのような時は「よしず」や「すだれ」などを利用し、日陰を作るようにします。
メダカが生存できる水温の目安は2℃から38℃くらいまでですが、高温になることはなるべく避けた方が良いでしょう。
メダカが最も活発に活動する水温(成長に適している水温)は25℃から28℃くらいまでです。なお冬場の寒さがあまりにも厳しい地域では、メダカを室内に取り込み、加温した方が好ましいかも知れません。
 

4、餌

メダカに限らず、生き物を飼う楽しみの一つに餌やりがあります。生き物にとってはとても重要なことです。
人に馴れているメダカは、近付くと勢い良く人間の方に近寄って来ます。これは飼育者がきちんと餌を与えている証拠で、とても大切なことだと思います。メダカは雑食性なので、プランクトン、ミジンコ、ボウフラ、植物、小さな昆虫など色々な物を食べます。
屋外飼育の場合、自然にそれらの物が飼育水の中に混入するので好都合です。
ただ、それだけでは足りないので飼育者の手できちんと与えなければいけません。価格もお手頃で気軽に与えることができるものは、メダカ用の人工餌です。与える餌の量は、メダカの活性やメダカの数によって調整します。1回に与える量の目安としては、5分位で食べ切れるくらいの量です。
食べ残しが出るとそれだけ早く水も悪化するので、その辺を普段の餌やりで観察しながら調整してください。
与える回数ですが、夏はメダカもよく活動しますので、最低でも1日2回、春や 秋は1日1回与えると良いでしょう。
冬は水温が下がりメダカの活動も鈍くなり冬眠に近い状態になるため、餌を与える必要はありません。
人工の餌以外にも、ミジンコ、糸ミミズ、赤虫、ブラインシュリンプなどの生餌もよく食べます。これらの生餌は人工餌に比べ手が掛かり、価格も多少高い場合がありますが、栄養価が高く、メダカの成育にとても良い餌と言えます。
 

5、水換え

メダカは変温動物ですから、水温によって活動状態が違ってきます。冬場の水温が低い時には、メダカはほとんど活動しません。
餌を与えないため、排泄物も少なく、水質悪化の心配は少ないでしょう。このため、メダカが水底でじっとしているような冬場の時期は水換えの必要はありません。
問題は、メダカが活動を始める春から秋までの間です。特に、夏場は水温も高く、メダカも活発に活動します。
その分、餌もよく食べ、排泄物も多くなります。この排泄物や餌の食べ残しが、メダカにとって非常に有害なアンモニアという物質を発生させます。
そこで活躍してくれるのが、水中に存在するバクテリアなどの微生物です。
バクテリアなどは底砂や濾過機(フィルタ)の中のろ材であるスポンジなどを棲み家とします。そして、バクテリアの働きによりアンモニアが分解されます。
しかし、バクテリアの繁殖にはある程度時間がかかりるので、水槽をセットしたばかりの初期段階では注意が必要です。
見た目は澄んだ透明な水であっても実際にはアンモニアが蓄積されている場合があります。なるべく食べ残しが出ないように餌を与え、こまめに水換えをおこない ます。水換えの頻度については、飼育環境や飼育密度などによってさまざまですので、明確なことは言えませんが、最低でも週1回、全体水量の3分の1から4分の1くらいを水換えすると良いでしょう。
注意点としては、水質悪化により、メダカに元気がなくなったり、餌をあまり食べなくなったりする場合がありますので、常にメダカをよく観察することが大切です。   


6、繁殖(産卵、孵化)

◎メダカのオスとメスの違い
メダカ飼育での大きな楽しみの1つが、繁殖ではないでしょうか。メダカは、条件さえ整えば簡単に卵を産み、殖やすことができます。
メダカの繁殖を楽しむためには、オスとメスの特徴の違いを覚えて、見分けができるようにならなければなりません。
オスメスを見分けるには、まず尻ビレを見ます。オスは、尻ビレがメスより大きく、平行四辺形のような形をしています。
オスに比べメスは、尻ビレが小さく台形のような形をしています。
またオスには背ビレに切れ込みが入っています。ダルマメダカの場合、馴れるまで若干判別は難しいかもしれませんが、同じように尻ビレで見分けます。ヒカリメダカやヒカリダルマメダカは、尻ビレと背ビレが同じ形ですので、普通体型と比べて見分けやすいかと思います。
尻ビレを見て分かりづらかったら、背ビレの形をみると良いでしょう。

◎産卵、孵化
オス1匹に対してメス1匹の1対1の交配でも、相性が良ければ交配しますが、効率よく繁殖させるには最低、オスメスあわせて10匹程度はいた方が良いでしょう。オスとメスが同じ匹数よりも、メスの方が多い方が理想です。
屋外飼育の場合、メダカは春から夏(4月から9月頃)にかけて産卵します。それは、水温と日照時間が大きく関わっています。メダカは水温20℃以上、日照時間が12時間から13時間の環境下で産卵し始めます。地域によって差はありますが4月から9月という時期は、ちょうどその条件がそろった時期になります。
秋や冬の寒い時期でも、熱帯魚飼育に使うヒーターと蛍光灯を使い、産卵に適した環境を整えてやれば産卵します。
その場合、水温は25〜28℃くらいに設定し、照明は14時間程度点灯すると良いでしょう。
また、栄養も産卵の為に重要です。餌をきちんと与えていないと産卵しなかったり、産卵数が減ったりしますので、日頃の餌やりを大切にしてください。
メダカは産んだ卵を数時間ぶら下げて泳いだ後、水草などにこすりつけて付着させます。しかし、そのままにしておくと、卵から孵化した稚魚が親メダカに食べられてしまいます。
このことから、産み付けられた卵は水草ごと別の容器に移動させて孵化させてください。また、水草の代用品としてシュロの皮を、水中に入れておくとそこに産卵します。
メダカがシュロに産卵したことを確認できれば、別の容器にシュロごと移し替えます。
シュロの皮は、卵も確認しやすくとても便利です。
卵の孵化日数は、水温によっても異なりますが25℃の水温で管理している場合、約7日から10日くらいで孵化します。
しかし、卵は水温が低いと孵化までに時間までにかかり、卵にカビが生えたり、成長できずに死んだりします。
冬場に繁殖させる場合には、卵を管理するにもヒ―タ―を入れてください。受精しているメダカの卵はあめ色で指でつまんでも潰れません。
しかし、無精卵や、途中で死んでしまった卵は、すぐに潰れてしまいます。このような卵は放置しておくと、カビが生え、他の正常な卵にまでカビが発生する原因となりますので、白く濁った卵やカビの生えてしまった卵は取り除いた方が良いでしょう。
稚魚は、孵化して3日から5日くらいで餌を食べ始めます。餌は稚魚用の人工餌を与えます。出来るだけ粒の細かいパウダ―状の物がオススメです。
粒が大きい場合は、すり鉢などですり潰して与えるのが良いでしょう。



7、病気
メダカがかかりやすい病気は「白点病」、「水カビ病」、「尾ぐされ病」などです。
「白点病」は体に白い点々のようなものが付きます。
「水カビ病」は、頭部や口先、ヒレ先などに白い線のようなカビが付きます。
「尾ぐされ病」はヒレ先がささくれたり、溶けたりします。
いずれの場合も、初期段階であれば治療が可能ですが症状が進み、重症の場合の治療は難しくなります。
治療法は、市販の魚病薬を使用するか、粗塩を使用します。薬の場合は、使用法に従い使用してください。
粗塩は0.3から0.5%程度の塩分濃度になるように塩水を作り、そこに病気のメダカを入れて塩水浴させます。
共に病気の原因となる菌は高温になると活動が鈍る為、水温は28℃位まで上げてください。


 
  • だんだんセール
  • 全品3,000円!均一セールコーナー
  • 厳選メダカの現物販売
 

コンテンツを見る

  
2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
メダカ大図鑑好評発売中!